「 2012年11月 」一覧

CentOSにyumでzabbixをインストールする

今までは mrtgぐらいしか使ってなかったが、zabbixを使ってみることにした。

とりあえず今回は インストールだけ。

これだけ、・・・とはいかなかった。
どうやら「iksemel」「fping」というのが必要らしい。

rpmforgeのリポジトリを追加してインストール。

で、再度zabbix一式のインストールをすると・・・、今度はOK。

上で書いた2つ以外にも必要なパッケージがあるみたいだけど、ここでは割愛。

設定はまた今度。


CentOSでe-mobile接続

e-mobileの端末「D02HW」を入手。
ひょんなことから、Linuxマシンで接続することになったので、その手順をまとめておく。

OSはCentOS5.3。

専用のモデムドライバをダウンロードしてインストール。
『make info』コマンドでmakeの使用方法が確認できる。今回の環境だと『make install_fedora』。

設定ファイルをコピー、編集。

これで設定完了。
「D02HW」を接続し、ダイアルコマンド実行。

つながった。


Xenでブリッジ追加

NICが2つあるときに、2つ目(eth1)をDomUで使うときは、Dom0側でブリッジしてやらないといけない。ということでeth1のブリッジ「xenbr1」を作成する。

Xen起動時に実行されるスクリプト/etc/xen/scripts/network-bridgeをバックアプして作り変える。

あとはXenを再起動。

ifconfigで確認すると「xenbr1」が出来ている。

参考
Xen環境で仮想ネットワークを構築


pearで携帯の画面サイズ取得

携帯サイトをつくろうと思い立った。

写真画像の表示がメインのコンテンツで、端末の画面サイズに合わせて写真もリサイズして表示したい。各キャリアのサイトにあるスペック一覧のデータをシコシコとテキストファイルに書いて・・・、というやり方では新機種が出るたびに更新作業をしなければいけないので却下。

で、いろいろと調べると、pearに「Net_UserAgent_Mobile」なんてものがある。

さっそくインストール。(2009/03/26時点でBETA版なので「-f」が必要)

サンプルのソースを書いてみる。

OK。縦横とれた。これは便利。

ただ、DoCoMoは端末リスト(XMLファイル)を別途用意しないといけないらしい。インストールされたソースを見ると、たしかに機種情報がベタ書きしてある。これでは最新機種に対応できないな。

しかし、このXMLファイルもコマンド一発でつくれるらしい。CPANのHTTP-MobileAgentに「makexmldocomomap」というのがあって、こいつを動かすとサクッと作れる。

インストール。いろいろ足りないのがあって結構てこずった。

インストール完了。よし、早速やってみよう。

・・・と思ったら、makexmldocomomapが見つからない。

小一時間探してこんなところに見つけた。

で、これを実行すると、

画面にズラズラとXMLが表示される。お、標準出力じゃん。

これでOK。
さっきのサンプルソースに1行追加。

完璧。
あとはcronでこのXMLが定期的に更新されるようにしてやればOK。


jQueryとは

jQueryとは、JavaScriptライブラリの1つ。
ライブラリの有名どころでprototype.jsライブラリというものもある。

jQueryはファイルサイズが小さく、prototype.jsライブラリに比べ、軽量且つ高速である。

jQuery日本語リファレンス


スポンサーリンク
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280