CentOSにyumでzabbixをインストールする(設定編)

前回からの続き。

まずはzabbix-serverから。
データ管理には MySQLを使用する。うちのサーバにはすでに入っているので インストールは省略。

MySQLにユーザ『zabbix』、データベース『zabbix』を作成する。

続いてデータベースの初期化。

設定ファイルを修正して起動。とりあえずDBPasswordだけ修正してやれば動くはず。

これでOK。
http://xxxxxxxxxxx/zabbix/ にアクセスすると設定画面が表示されるので、ポチポチと設定していく。

このままだとフリーでアクセスできてしまうので、Basic認証とかを仕掛けておくこと。

スポンサーリンク
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です