ipvsadmでロードバランサ

CentOS5だとyumでインストールできる。

使い方はこんな感じ

オプション

  • -A (–add-service) : バーチャルサービスの追加
  • -a (–add-server) : 実サーバの追加
  • -t (–tcp-service) : グローバルIPアドレス
  • -s (–scheduler) : スケジュール(rr|wrr|lc|wlc|lblc|lblcr|dh|sh|sed|nq)
  • -r (–real-server) : 実サーバのIPアドレス
  • -m (–masquerading) : Masquerade(NAT)
  • -w (–weight) : ウェイト(Weight)の指定
スポンサーリンク
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です