zfs receiveで「destination already exists」

zfs send | zfs receiveの途中で処理が強制的に中断された場合(receiveしてるサーバが逝ってしまったとか)、再度同じ処理をしようとすると

となってしまう(ことがある)。
この場合の対処方法は、receiveするサーバで

これで中途半端にできてしまったゴミが削除される。
(「cannot open…」と出てるので『ん?』と一瞬思ってしまうが、これで大丈夫っぽい)

スポンサーリンク
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280
Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です