「 2014年07月 」一覧

qjailで特定のjailを起動させないようにする

こういう状態だったとして

「guest02」を自動で起動させないようにするには

各jailの設定ファイル(この場合は /usr/local/etc/qjail(.global)/guest02)の末尾に「.norun」が付与されている

元に戻すには

ちなみに、ステータスの文字の意味は

  • D → Directory tree based jail (ディレクトリベースのjail)
  • I → image file based jail (イメージファイルベースのjail)
  • R → jail is currently running (実行中)
  • S → jail is stopped (停止中)
  • N → jail is in norun status (実行しない)

  • PostgreSQLでパラメータ設定値の表示

    psqlで接続して

    すべて見るなら

    特定のパラメータのみ(例えばshared_buffers)を見るなら


    qjailで後からmountを追加

    例えば

  • Jailname : test
  • マウントしたいディレクトリ : /usr/local/jails/test/hoge -> /hoge
  • マウントするディレクトリを作成

    qjailのfstabに追加


    スポンサーリンク
    Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280
    Googleレクタングル広告 www.labs816.com 336×280